使う前に覚えておいて! 『どろあわわ』の注意点

泥で皮脂の汚れを落とすというコンセプトを持った洗顔石けんが『どろあわわ』です。
大変な売上ですし、口コミも前向きな評価が多いですが、
どうしてもリケジョ的に触れておきたい『どろあわわ』の注意点があるので、
今回はそのあたりをまとめてみたいと思います。

『どろあわわ』で体を洗う場合、乾燥肌の人は要注意!!

『どろあわわ』は洗顔石けんです。ボディーソープではありません。
中には『どろあわわ』を体に使おうとお勧めしている人が居ますが(販売元もお勧めしている!?)、
乾燥肌、アトピー性皮膚炎の人はボディーソープとして使わない方が、リケジョ的にいいと思います。

「どろあわわで体を洗うと、体がキュッキュとする」
「お湯に入ったときの肌触りが違う」

などと、ボディーソープとして使っている人の感想がインターネット上には見られますが、
それは・・・体の保護に必要な皮脂膜が取れてしまっている証拠で、あまり好ましい状態ではないのですね・・・
もちろん健康なお肌の人であれば、すぐに失われた皮脂膜は回復します。

しかし、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人は、そのバリア機能を作る力が人よりも極端に弱いので、
『どろあわわ』で過剰にお肌の脂を落としてしまうと、乾燥肌やアトピー性皮膚炎が極度に悪化する恐れもあるのですね。
『どろあわわ』の口コミで、
「乾燥が進んだ」
「いい感じ」

と、真逆の意見が出てくる理由は、それぞれのお肌のコンディションが違うのに、同じ使い方をしてしまうからなのですね。

ボディーソープとして洗ってもいいかなと思う場所は"背中"だけ

突然ですが、ニキビってどこにできますか?顔ですよね?
女性の場合は背中にできる人も多いかと思います。
ニキビができる場所って、基本的に皮脂の出方が激しい場所なんです。
その余分な皮脂が発生しやすい場所に『どろあわわ』のような皮脂の洗浄力が強い洗顔石けんを使うと、効果があるのですね。
手足などニキビの出ない部分はもともと皮脂の出方が顔と違って弱いので、『どろあわわ』は強過ぎます。
ニキビの出やすい背中を持っている女性は、『どろあわわ』を背中に使ってもいいのかなと思います。

ただ、体はボディーソープで洗う、洗顔は洗顔石けんで洗うと、ちゃんと分けた方がいいと思いますよ。
何しろ、顔と体の皮脂の出方の違いを各メーカーも知って、石けんを作り分けているのですから・・・
覚えておいてください!!!

リケジョ的まとめ

洗顔石けんは洗顔石けん!!
ボディーソープはボディーソープを使いましょう!!
特に『どろあわわ』は泥まで入って皮脂の洗浄力が強いので、乾燥肌の人は要注意です。
ボディーに使う場合でも背中に限るといいかもしれませんよ。

初回半額、毛穴ゼロのもっちり肌へ! どろあわわ 公式サイト
ページの先頭へ戻る