お悩み相談コーナー「どろあわわでニキビは治る?」

『どろあわわ』にはニキビが治ったという口コミと、ニキビが治らなかったという口コミ、正反対の意見があります。
実際はどうなのでしょうか??
当サイト『泥研』の読者さんからも、
「どろあわわはニキビに効くのですか?」
という質問がありました。

そこで今回はリケジョ的にニキビ問題について考えてみましたので、同様のお悩みを持つ方もチェックしてみてくださいね♪

医薬品ではないので絶対とは言えませんが・・・

最初に断っておかなければいけないのですが、『どろあわわ』は医薬品ではありません。
医薬品とは、
≪人又は動物の体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)≫(薬事法より引用)
とあります。

違ういい方をすれば、体に何らかの影響を及ぼすと"はっきり分かっている"物が医薬品なので、
『どろあわわ』のような洗顔石けんは何らかの効果が確実に出るとは言えないのですね。

その前提を踏まえた上で『どろあわわ』とニキビの関係を語りますが、
『どろあわわ』の主成分を見る限り、ニキビの予防や改善に限定して考えれば前向きの効果が期待できるといえます。
ただ、ニキビといっても白ニキビ、黒ニキビのなど軽度のニキビであって、赤ニキビやうみが出てきた重度のニキビはまた話が違ってきます。
そのあたりを詳しく解説してみますね!

白ニキビ、黒ニキビには効果があるかも!!

そもそも、ニキビはどうしてできるかご存じでしょうか?
基本的には出口の詰まった毛穴に皮脂がたまり、アクネ菌が増えて炎症が起きニキビになります。
結果として赤色のニキビになったり、黄色ニキビと呼ばれるうんだ状態になったりするのですね。

ただ、炎症の起きていない角栓のような白ニキビや、白ニキビの先っぽが汚れた黒ニキビ(まだ炎症が始まっていない初期の段階)であれば、
『どろあわわ』の利用で十分に改善が見込めます。

その理由は簡単で、『どろあわわ』の界面活性剤やベントナイトやマリンシルトが、
毛穴の出口にたまった角質と内部の皮脂を溶かし出してくれる可能性があるからですね♪
界面活性剤は別に『どろあわわ』だけの特徴ではありません。
洗顔石けんに一般的に使われている洗浄成分です。

ただ、ベントナイトやマリンシルトのようなアルカリ性の泥がダブルで含まれている商品は、
『どろあわわ』の他にはほとんどありません。
アルカリ性の泥は、酸性の皮脂の構造を分解したり、溶かし込んだりしてくれます。
繰り返し『どろあわわ』で洗顔を続けているうちに、白ニキビや黒ニキビを解消し、今後のニキビ予防にもなると十分に考えられるのですね♪
絶対とはもちろん言えませんが、
『どろあわわ』は"軽度"のニキビであれば改善も可能なはずですし、予防にも役立つはずですよ♪

リケジョ的まとめ

ニキビには段階があって、悪化するほど赤く炎症が起きて、うみも出てきます。
悪化しきった状態のニキビを治す力は『どろあわわ』にありませんが、軽度の白ニキビや黒ニキビ、そしてニキビの予防には十分に力を発揮してくれるはずですよ!!

初回半額、毛穴ゼロのもっちり肌へ! どろあわわ 公式サイト
ページの先頭へ戻る